ガラスコーティングとワックスの違いは何所にあるのでしょうか。

塗装面

自動車の塗装は買ったばかりの状態の新車から時間が経つにつれ劣化が始まっていきます。

つまり艶(ツヤ)が落ちてきます。

細かいキズが付く等、だんだんと使い古されていくイメージが出来上がっていくのです。

さて、これらに対応する商品が数多く発売されています。

ここではガラスコーティングとワックスの2点に話をしぼってみましょう。

 

ワックスの特徴

ワックスには(蝋)が成分に入っていて、つやを出したり水をはじきます。

ですが、ワックスの効果は数ヶ月もすれば落ちてしまいます。

 また水をはじく性質があるのですが、欠点として、水分を粒状にしてはじいてしまうため、

それが蒸発して乾いた跡が残った状態で生まれてしまう”ウォータースポット”という水垢が

生まれてしまう性質があり、難点となっています。

 

その代わりお値段は手軽です。

ボディを包む皮膜の硬度が少なく比較的にはガラスコーティングと比べてキズが

付きやすいといえるでしょう。

 

ガラスコーティングの特徴

スーパーピカピカレイン,ガラスコーティング

次にガラスコーティングの特徴をまとめてみましょう。

ワックスにくらべてガラスコーティングとはボディにガラス状の皮膜を作り定着します。

 耐久時間が長く年単位の効力を持っています。

親水性という魅力的な性質があるために、ワックスのように粒単位で水をはじくのではなく

面のようにボディから水を流していきます。

 

そのため水垢に強いと言われています。

それから定着期間がワックスと比べて持続時間が長い利点があります。

値段は比較的高価です。

長期間の性能維持にためには、月単位でメンテナンスをかける必要があります。

 

低コストでDIYで出来るガラスコーティング

スーパーピカピカレイン,ガラスコーティング

そして、この水垢に強く長期間定着する特徴を持ちながらも、低コストで誰でもガラスコーティング

を行なうことを実現したのがスーパーピカピカレインです。

 

低コストでのガラスコーティングにご興味のある方は是非一度試してみて下さい。

ガラスコーティング,ピカピカレイン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ